夜中の急な腹痛と冷え

夜中の急な腹痛と冷え

夜中2時ごろ、急におなかが痛くなって目が覚めてしまいました。目が覚めるほどの痛みですから、結構なものです。寝ぼけているのと痛みとで朦朧としながら

トイレに駆け込みます。痛いので早くなんとかしたいのですが、眠いので途中で瞼が落ちてしまいます。眠りとの戦いの結果、結局1時間ほどトイレにこもっていた

のですが、すっかり体が冷え切ってしまいました。

シャワーでも良かったのですが、湯船にお湯を張って入ることに。浴槽の半分くらいお湯をためて、お腹をさすりながら入っていると不思議なくらいお腹の痛みが

引いていくのがわかりました。さっきは悶絶するほど痛かったのに、いったい何が起こった?というぐらいすっきりとしてしまったのです。恐らくはお腹が冷えて

下ってしまったんでしょうが、体が温まるというのはこうも変わるものかと驚いた次第です。

冷えはいろんな病の原因と言われています。体が冷えると血流が滞りますから、体の働き全てが鈍化してしまうのですね。体が温まっているときちんと

動いてくれますし、免疫力も高まっていきます。それぐらい体の体温、表面的な温度ではなくて深部の体温は重要だということです。今回はお腹でしたが、

頭痛がひどくて眠れないときや肩こりがひどくなりすぎて筋肉が張り眠れない、ということもあります。そんな時は体を温めていけばいいんだ、と思い知りました。

肩こりも頭痛も、結局は血流の滞りが原因ですからね。たまに温感シップを使ったりします。タオルで温めたりもしますし、夏場でもホッカイロを使うことも

しばしばです。春や秋は過ごしやすくいいですが、これがまた夏になると冷房の効いた環境に長時間いることになります。体が冷える原因ですね。

冷やさない努力というのもやはり必要だなと感じました。

トヨタ86

買い物に行く時は

いつも仕事帰りにスーパーに寄って買い物をして帰ります。週に2回程度ですが、帰り道にあるのでいつも同じスーパーで済ませています。ただ、帰りの時間は

常にいつも空腹の状態ですので、自分が思っている以上に買いすぎてしまうのが悩みの種です。買い物に行く時には何か食べてお腹を満たしてからいくのが、

本当ならベストなのでしょう。お腹がすいているとどうしても「これも食べたい」「あれも食べたい」となってしまうものなのです。

その証拠に、たまに休日にお買い物にいってもほとんどが食事のあとなので、いつも買う金額の半分程度で済んでしまいます。いつも何を買っているんだろう・・・

と1ヶ月ほどレシートをとっておいて調べたところ、半分がお菓子やデザート、果物、パン、惣菜などの「買い物をしている時に食べたいと思ったもの」でした。

これはいけません。節約節約、と野菜の皮でキンピラを作ったところで知れています。まずはこのムダ使いをなんとかしないといけません。

ひとまず帰宅して、何か少し食べてから買い物にいくのはどうだろう、ということで試してみました。が、一旦家に帰ると、もう買い物にいくことが面倒に

なってしまいます(汗)帰り道にスーパーはあるものの駅前なので、そこから家までは歩いて15分程度かかるのです。途中にはもうスーパーはありません。

そこまで自転車でいくと8分程度でしょうか。ただ坂道なのでちょっと面倒・・・

などと考えている間に「今日はレトルトカレーでいいか!」となってしまうのです。というわけで一旦帰宅法は残念ながら頓挫してしまいました。

何かいい方法はないか模索しております。新聞でみたネットスーパーを利用するのも手だなあ、と実は考えていたりします。

スズキMRワゴン